耳鼻咽喉科

頚部(くび)から上の病気をほとんど全て診療

耳鼻咽喉科は外耳炎、中耳炎、副鼻腔炎(蓄膿症)、扁桃炎を治療する診療科としてのイメージがあると思われます。
最近の耳鼻咽喉科では最先端技術(耳の診察には顕微鏡、鼻やのどの奥の診察には内視鏡)を使用し患者様への説明や治療方針の検討などを行うようになり、診療疾患が以前より随分多くなりました。

また最近の耳鼻咽喉科は頚部(くび)から上の病気をほとんど全て診療しています。
例外は脳(脳神経外科が専門)、目(眼科が専門)、虫歯や噛み合わせの障害(歯科が専門)です。
耳・鼻・のど(咽頭)・声帯(喉頭)だけでなく、頚部(くび)、顔面、唾液腺などの疾患も診療しています。
めまい、難聴、耳鳴り、アレルギー、においや味覚の障害、声が出にくい、物を飲みこみにくい、いびき、最近話題となっている睡眠時無呼吸症候群・・といった症状もご相談ください。

また補聴器の相談(きこえが悪い・・・など)・紹介(ヒヤリングセンター)も当院にて行っております。

医師紹介