整形外科

より迅速より高度な医療

整形外科とは、ひとが動くために必要な器官(骨、軟骨、関節、筋肉,腱,靭帯及び脊髄、神経など)の病気やケガの診断、治療を主として扱う医学分野です。主たる病気は腰部、頸部の疼痛疾患、首から腰、四肢の骨折、交通外傷です。
当院の特色は老健1施設、特養2施設の関連施設が有り、特に高齢者の骨折などを多く治療しております。

高齢者は年齢,痴呆の有無、受傷まえの運動能力などさまざまであり、その人に一番適した治療をおこなうことが必要です。
新病棟の増床にともないMRIの設置、手術室の更新、リハビリ施設の拡充が行われ診断、治療がさらに迅速になりより高度の医療が可能となります。

医師紹介

松澤 邦夫
【診療部長】整形外科/リハビリテーション科

松澤 邦夫 (まつざわ くにお) 医師

略歴 昭和49年 新潟大学医学部卒業
国立千葉病院外科入局
昭和53年 国立千葉病院整形外科入局
平成8年 髙根病院整形外科部長
平成22年 髙根病院診療部長
専門・資格 日本整形外科学会認定医
義肢装具士判定医
日本医師会認定産業医
自己紹介 当院の特色は特老1施設、特養2施設の関連施設が有り、高齢者の骨折の治療が多く、なかでも大腿骨頸部骨折は年間20~30の入院患者があります。
その約半数は手術が必要ですが、高齢者は年齢,痴呆の有無、受傷まえの運動能力などさまざまであり、その人に一番適した治療をおこなうことを心がけて診療を行っております。