消化器外科

消化器系の疾病すべてを担当

当院の消化器外科では食道、胃、腸などの消化管に限らず肝胆膵などの腹部を中心とした消化器系の疾病すべてを担当しています。
消化管では食道や胃・十二指腸・小腸・大腸などの炎症、潰瘍、腫瘍(癌、ポリープなど)、をレントゲンや内視鏡を使って診断し、薬や手術などで治療します。最近では内視鏡や腹腔鏡を用いた身体に負担の少ない治療法も進歩しており、当院では千葉大学や東邦大佐倉病院などとの連携をとっておこなっています。
肝胆膵とは肝臓、胆嚢、膵臓のことであり、急性・慢性の肝炎、胆嚢炎・胆石、急性・慢性の膵炎、等の病気が治療の対象となります。CTをはじめとするレントゲン検査、腹部超音波検査、内視鏡による造影検査などを行い、薬や手術などで治療します。
腹痛、食欲低下、嘔吐、下痢、下血などの症状を来した場合のみならず健康診断で精密検査を勧められた場合なども迅速な検査を心がけておりますので、お気軽にご相談下さい。

医師紹介